Google Adminに登録しているドメインのメールに関するDNS設定

WEB関連

Google Adminを利用して自社の独自ドメインをGoogleアカウントとして利用している人向けの内容です。

G Suiteか旧Google Appsを利用している方も該当するかと思います。

独自ドメインをGoogleアカウントとすることで、どのドメインでGmailも利用できるのですが、メールの送受信を可能にするために、DNS設定へMXレコードの追加が必要になります。

このMXレコードの記述がないと、独自ドメインを利用したメールフォームなど、sendmailを利用するプログラムで上手くメールの送受信ができません。

バリュードメインの場合

独自ドメインをバリュードメインで取得して、サーバーがXREA・コアサーバー・バリューサバーのいずれかの場合です。

ドメインのDNS設定画面で以下のようにMXレコードを追加します。

追加するコードだけ抽出します。

mx ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
mx ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM. 10
mx ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM. 10
mx ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM. 10
mx ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM. 10

このMXレコードの前と後のコード中のIPアドレスはご利用のサーバーのIPアドレスにして下さい。

参考

よくある質問 | バリューサーバー(「Google Apps 対応方法」を参照)
https://www.value-server.com/faq/

設定の反映に最長72時間くらいかかることがあるようですが、自分の場合は1時間もかからずに設定が反映されました。

エックスサーバーの場合

ドメインの取得がバリュードメインで、レンタルサーバーがエックスサーバーの場合はMXレコードの追加場所が変わります。

バリュードメイン側は、エックスサーバーのネームサーバーを設定するのみで、MXレコードの追加はエックスサーバーのサーバーパネル内で行います。

設定方法については、エックスサーバーのヘルプページが参考になります。

参考

G Suite(旧Google Apps)をお使いいただく場合【エックスサーバー】
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting_google_apps.php

ヘルプページを参考にMXレコードを追加すると、以下のように登録されます。

こちらも数時間で設定が反映されることと思います。

タイトルとURLをコピーしました