レンタルサーバー別に、拡張子が.html・.htmのURLというか、HTMLファイル上でPHPを実行するための.htaccessの記述をまとめてみました。

クイッカの動作確認だけ過去に行ったきりですが、それ以外のサーバーは動作を確認しています。同じレンタルサーバーでも、サービス内でお使いのサーバーのバージョンが古い場合は、上手くPHPが実行されない場合があるかもしれません。予めご了承ください。

エックスサーバー

AddType x-httpd-php .html .htm

さくらインターネット

さくらサーバーについては、こちらの記事をご覧ください。

ロリポップ

PHPのバージョンが5.2の場合。

AddHandler php5.2-script .html .htm

 

PHPのバージョンが5.3の場合。5.4でも下記の記述でPHPが動く感じです。

AddHandler php5.3-script .html .htm

コアサーバー、XREA

AddType application/x-httpd-php .html .htm

ハッスルサーバー

AddHandler x-httpd-php .html .htm

ギガレンタル、クイッカ

下記コード中の(ユーザ名)は、サーバー契約時に設定されたものをご確認下さい。

Options -Indexes
suPHP_ConfigPath /home/(ユーザ名)/public_html/
AddType application/x-httpd-php5 .php .html
<Files php.ini>
Order deny,allow
Deny from all
</Files>

この.htaccessをディレクトリ「public_html」の直下にアップロードすれば、サーバー内に関連付けられたドメイン全てに設定が有効になります。

 

simple_xml_load_file関数やfile関数等、外部ドメインのファイルを参照する関数を利用する場合、php.iniの設定が必須になります。 記述するコートは下記のとおり。

allow_url_fopen = ON

このphp.iniを先の.htaccess同様、ディレクトリ「public_html」の直下にアップロードして下さい。

 

ギガレンタルもクイッカも、サーバーのコントロールパネルがcPanelです。cPanelを採用しているサーバーを全て確認しているわけではありませんが、もしかすると.htaccessの記述等は共通かもしれません。