PHPの開発環境をローカルパソコン内に構築する。
ApacheやMySQL、PHPなど一括でインストールが可能。

すでにApacheやMySQLを自力でインストールしている場合は、
アンインストールしてから、XAMPPを導入されるとよいだろう。

http://www.apachefriends.org/jp/xampp.html にアクセス

XAMPP for Windows をクリック

XAMPP Windows版 1.6.6a(2008/7月時点)のインストーラ版をダウンロード

ダウンロードしたインストーラーを起動

言語は「Japanese」を選択

ウィザードにしたがってインストールを続行

インストールウィザードを進め、最後の画面はサービスの項目は

チェックを入れずインストール。

xampp-01.gif

インストールが終了したら[完了]ボタンをクリック。
以下のようなウィンドウが起動するので[はい]をクリック。

xampp-02.gif

http://localhost/ にアクセスすると、XAMPPのロゴマークのウェブページが表示される。

一番右の「日本語」のリンクをクリック。「XAMPP Windows版へようこそ Version 1.6.6a !」が

表示されていればインストール成功

■セキュリティの設定

http://localhost/ の左メニューより「セキュリティ」をクリック

別にウィンドウが開くのでページ中ほどの http://localhost/security/xamppsecurity.php をクリック

移動したページで、MySQLの管理者ユーザーのパスワード設定と、XAMPPディレクトリへBASIC認証の設定を行う。