XREAにPEAR::MDB2をインストールする

PEAR::MDB2をインストールしたXREAのPHPとMySQLのバージョンは5系。

■アーカイブのダウンロード

http://pear.php.net/package/mdb2/ にアクセス

最新の安定版である
http://pear.php.net/package/MDB2/download/2.4.1

よりアーカイブをダウンロード

Windows上でTGZ形式のファイルを解凍するなら
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se166893.html
laplusだとエラーになるようだ。

解凍後、アーカイブ内のMDB2ディレクトリをアップロード。
XREAの場合は、public_html直下にでもアップロードすると良いだろう。

■PEARのインストール

http://pear.php.net/go-pear にアクセス。ソースコードがいきなり表示されるので
これをコピーして、「go-pear.php」などと名前をつけて保存。

インストールの前にPHPをCGIとして動かせるようhtaccessを準備しておいた方が良い(と思う)
.htaccessには、

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

と記述することでPHPがCGIとして動く。セーフモードじゃなくなるのかな?
よく分かっていないわけだが。。。

htaccessを設定し、go-pear.phpをアップロードして、これにアクセス。
「Go-PEAR Installer」と表示されたページにアクセス。

「Next >>」のリンクをクリックするとインストールするパスの設定画面に。
普通にインストールするとgo-pear.phpと同じ階層にPEARディレクトリが生成される。

tempやbin、index.phpなどはPEARディレクトリの中ではなく同階層に生成されるので、
サーバー内が散らかるのが嫌な場合は、$prefix/PEAR/temp などとPEARディレクトリを
含んだパスを記述すると良いかも。

パスの設定が終わったら「Install」ボタンをクリック。
ちょっと待てばインストールが完了する。インストールが完了したら
go-pear.phpは削除する

■データベースドライバの組み込み

XREAだと、MySQL・PostgreSQL・Sqliteのドライバを組み込めば良いと思う。
ドライバを組み込むために生成されたindex.phpにアクセス。

インストールの際に特にパスを指定していないならgo-pear.phpと同じ階層に
index.phpが生成される。

アクセスして Package Search より前述のドライバを検索。
検索結果には、最新版がヒットするので、緑のプラス画像のリンク先URLを
コピーして手でアクセス先を変更し、ブラウザのアドレスバーにURLを
ペーストすると安定版を組み込める。

例えば、MySQLのドライバを検索すると安定版ではない1.5.0がヒットする。
URLを確認すると以下のような感じなので、

http://s000.xrea.com/PEAR/index.php?command=install&pkg=pear.php.net/MDB2_Driver_mysql-1.5.0b1&mode=

このURLのmysqlの後に続くバージョン番号を手動で変える。この記事の投稿時点では
1.4.1が安定版なので、ドライバのURLは以下のような感じ
http://s000.xrea.com/PEAR/index.php?command=install&pkg=pear.php.net/MDB2_Driver_mysql-1.4.1&mode=

これをブラウザのアドレスバーにペーストすると勝手にアーカイブを解凍しインストールされる。

接続の確認は、適当にテーブルを作成しておいて

<?php
require_once("PEAR/MDB2.php");
$dsn = "mysql://username:password@localhost/database_name";
// 接続
$mdb2 =& MDB2::singleton($dsn);
	if( MDB2::isError( $mdb2 ) ) {
	exit($mdb2->getMessage());
}else{
	echo "<p>データベース接続成功</p>";
}
?>

といった感じで接続すると検証できるだろう。