【備忘録】デジカメRX100Ⅳ の露出補正と絞り優先モード

今年から愛用しているSONYのデジカメ、RX100Ⅳ。

露出補正と絞り優先モードについて、ちょっと理解したので、忘れないように記事にします。

露出補正

写真の明るさを差すのが「露出」。これを調整する機能が「露出補正」

RX100Ⅳの裏面、右下にあるコントロールホイール(上画像・白丸の箇所)を下方向(カメラのアイコン方向)に1回押すと露出補正の設定画面になります。

ホイールを左右に回すことで露出補正の数値を変更することができます。この数値が大きくなるほど写真が明るくなります。

絞り優先モード

説明書を読むと、絞り値(F値)をカメラに指定すると、それに応じてカメラがシャッタースピードを自動で設定してくれるモードらしいです。

被写体だけハッキリと撮影できて、その周りはボケているような写真を撮りたい時に使うと良いモードを理解しました。

カメラ本体右上部にあるモードダイヤル(上画像・白丸の箇所)を「A」になるように回します。そして、コントロールホイールを左右に回して絞り値(F値)を設定します。

上の画像だと3.2、3.5、4.0の値が表示されていますが、この数値が小さくなるほど、カメラが合わせた焦点以外の部分がボケて撮影されます。

コメント